ホルモン療法・放射線治療

放射線治療の経過観察

2017年01月12日 18時34分


放射線治療が終わってもそれで終わりではありません。
家事や仕事ができるケースもあります。
放射線治療をする間は体調に気を配りましょう。
決して無理をすることのないようにしましょう。
治療の効果と副作用を調べる目的で放射線治療医の診断を受けます。
必要に応じて検査が行われます。
放射線治療の副作用はすぐにでるとは限りません。数カ月以上経過してから症状がでることもあります。
こういったことから定期的に受診しなければならないのです。
放射線治療は通院で実施されることが多いです。
外部照射の場合、放射線が体の中に残ることはありません。
周囲に影響はないので安心してください。
定期的に検査をしてチェックを受けることを忘れないようにするようにしましょう。
 
いかがでしたでしょうか?放射線治療の概要がご理解いただけたと思います。

関連ページ